歯磨剤飲み込んでも大丈夫?

歯磨剤を使用時に誤って一部飲み込んだときの安全性については、各種の安全性試験により十分に検討され、健康には影響のないことが確認されています。

なお、本来歯磨剤は使用後に吐き出されるべきものですから、

こどもの場合には上手に吐き出せるように、また口を十分すすげるように、おとなが指導していくことが大切なことです。

ブクブクうがいがまだ上手にできない場合は、ジェルタイプの歯磨剤がおすすめです。

ジェルタイプは研磨剤が無配合のため、歯ブラシでこすった時に少しプラークを落とす力が弱いです。

ブクブクうがいができるようになれば、よりしっかりとプラークを落とせるように

年齢に合わせた歯磨剤を使うことが大切です。

当院では『チェックアップシリーズ』をおすすめしています。

味の種類もいくつかありますので、お子様のお気に入りの味で楽しく歯磨きしてくださいね!