小児歯科

小児歯科

お子さんの歯を一生守って行きませんか?
そのために必要なキーワードが予防なのです。
具体的にはホームケア(歯磨き)とプロフェッショナルケア(歯科医院でのメンテナンス)です。

  • 乳歯は虫歯になりやすく進行は早い

  • 乳歯の虫歯は発見が難しい

  • 小さい頃の生活習慣が大人になってからも影響する

  • 成長に伴ったケアがご提案できる

上記のことから幼少期における歯科医院との関わりが非常に重要になってきます。

発見されにくく、進行が早いため早期発見、早期治療が望ましいですが、乳歯の虫歯は痛みが出にくいため自らの発見は難しいのが現状です。
また一度治療しても、二次カリエス(詰め物の隙間から再度虫歯になる)の可能性も永久歯に比べると高いため、定期検診での経過観察が重要になってきます。

虫歯は細菌感染です。
身近な方からのミュータンス菌(虫歯菌)の感染で生涯のカリエスリスクは決まります。
ミュータンス菌が定着してしまうと、歯ブラシぐらいでは除去出来ません。
そのため、いくら歯ブラシを頑張っても虫歯になってしまう...というお悩みを一生抱えなければならなくなってしまいます。
ミュータンス菌の感染は、おおむね生後1歳半~3歳にかけて、保護者の口腔内から起こります。
お箸などの食器を共有することや過度なコニュミケーション、噛み砕いた物を与える等で、感染します。
逆に言うと、保護者の口腔内の状態が良く、上記の事柄を避けられれば、お子さんの虫歯のリスクを下げることが出来ると言うことです。

  • 細菌の感染を防ぐ

  • 生活習慣に気を付ける(だらだら食べをしない、食事の時間を決める、食事内容)

  • 歯磨き習慣をしっかりつける

  • フッ素を積極的に取り込む

これらの事を意識することで虫歯のリスクを減少させられます。

小児矯正の開始は症状により様々です。
早い段階(3~4歳)での治療が必要な場合もあれば、一般的には6~10歳と幅があります。
歯並びの土台となる顎の成長を促してあげたり、口腔周囲筋(舌や唇の筋肉)のバランスを整える治療もあります。
その他にも、歯並びに影響を及ぼす悪習慣(指しゃぶりや頬杖)や歯の本数の異常の可能性も考えなければいけません。

定期的(1~3ヶ月に一度)な歯科医院での歯科検診をオススメします。

  • 虫歯になっていないか、進行はしていないかをお調べ

  • 歯科衛生士によるプロフェッショナルケア(専門的な歯のクリーニング)

  • 噛み合わせや骨格的な異常の早期発見

  • 悪習癖(頬杖や指吸い)や歯の異常の早期発見