楔状欠損について

Wedge shaped defect(WSD)と呼ばれており、知覚過敏の原因となることもあります。 歯の表面のエナメル質や象牙質、特に歯肉との境目である歯頚部が摩耗し、楔状欠損の窪みができてしまう状態をさし、基本的にう蝕を伴わない欠損のことです。 エナメル質及び象牙質と神経との距離が近くなってしまうため、より刺激が伝わってしまい沁みや痛みを感じやすくなります。 年齢ともに増加し、上下左右で差は認められません、歯種は犬歯、小臼歯の頬側面に多くみられます。 原因は誤ったブラッシング(過度の横磨き)、咬合力や外傷性咬合のよる歯頚部が楔状に実質欠損を起こします。 治療としては、コンポレジット修復、グラスアイオノマーセメント修復、視診により診断され接着性修復材料を用いて欠損部を修復します。原因を見極めてそれに対する処置も必要です。