着色

今回は歯の汚れ、『ステイン』についてです。


歯の色って気になる方も多いかと思いますが、

歯の変色は大きく分けて二つあります。

『歯の表面についた着色』によるものと

『歯の質のもの』です。


歯の質のものは、もともと黄色っぽい歯だったり、抗生剤によってグレーっぽくなったり、歯の神経がないために変色することがあります。

この場合は歯の表面をきれいにしても残念ながら白くはなりません。

白い歯にしたい場合、歯を削って白いかぶせ物をつくる必要があります。


歯の表面についた着色は主に汚れによるものですが、この場合はきれいにすることができます。


ステインがついてしまう原因は主に、コーヒー・紅茶・赤ワイン・緑茶・タバコなどです。


これらの摂取量が多いほど、お茶や赤ワインの成分であるタンニンやタバコのニコチン・タールが歯の表面に付着します。


ただ、着色は歯垢や歯石とは違い、歯周病の原因とはなりません。

しかし、着色が多いと不健康な印象を周りに与えますし、虫歯だらけのように見えてしまいます。

歯の表面全体がステインでくすんでしまうと、口元全体が暗くなってしまいます。

マスク生活だからといってほ放っておいたら

着色が多くついてしまってる方もいらっしゃるのではないでしょうか?


気になるのはどうやって着色を落とせるのか?ですよね。

薬局でステイン除去用の歯磨き粉が売っていますが、頑固な汚れを取るのはとても難しいです。

?

気を付けたほうがいいのはタバコのヤニ取り専用の歯磨き粉です。

この歯磨き粉には研磨成分が大量に含まれており着色はよく落ちますが、歯の表面が削れてしまい、しばらくたつと今まで以上にステインがつくようになってしまいます。


またステインを取ろうと自分で一生懸命に歯を強く磨きすぎると、歯ブラシの毛先で歯と歯ぐきを傷つけてしまいます。

歯ぐきが傷つくと歯ぐきが下がり歯の根が出てきます。

歯の根は柔らかいので強い歯ブラシで削れてしまいます。

するとそこには歯垢がたまって虫歯になったり、歯がしみる知覚過敏になります。


歯の表面についたステインは非常に頑固なので、家庭で安全に取り除くことはほぼ不可能です。


当院ではステイン除去専用のパウダーを吹きかけ着色を落としていきます。 

その後に歯の表面をツルツルするパックを行うため長時間の間着色を付着しにくい状態ができます。

直接歯を削っているわけではないので

歯にも優しく安全なものになります。

自分で取り除くことが難しい歯の裏側や歯と歯の隙間もきれいにします。


定期的に行ってあげると歯をキレイに保つことができますし、着色が付きにくくもなってきます。


また当院ではステイン除去成分の入った歯磨き粉の販売もしています。

これを使うことで安全に着色を取ることができます。


しかしステインがついやすい人や、かなり頑固にステインがついている人は、一度プロの歯科衛生士による歯のクリーニングを受けることをお勧めします。

気になる方は、衛生士に聞いてみて下さいね。