外傷

外傷により歯が折れてしまった時や抜けてしまった時など

慌てず正しい対処を取りたいところです


欠けてしまった、折れてしまった場合

大きくかけてしまった、折れてしまったのなら、欠けたものを持って来院してください。

状態により再度接着できる場合もあります。

天然の歯の場合は乾燥しないように気をつけてください。

大きさにもよりますが、修復が可能です。

折れている位置がかなり深い場合は、抜歯しないといけなくなってしまいます。


歯が抜けた場合

歯が抜けた場合、乾燥しないように、歯の保存液や牛乳、生理食塩水や水に入れて来院してください。口の中にある場合、そのまま頬と歯の間や口の中にいれたままでも良いです。

このとき飲み込まないように注意しましょう。

歯が抜けて、外に落ちてしまった場合は、根っこの部分を触らずに歯の頭のほうをつまんで拾ってください。

歯を元に戻すときに、歯の根っこにある歯根膜という組織が重要な役割を担っています。根っこの部分は触らないようにしましょう。

レントゲンを撮り状態を確認した後、歯を元の位置に戻し固定します。


不測の事態が起きたときこそ慌てずに落ち着いて、できるだけ早く歯科医院を受診してください。