誤嚥性肺炎とは?

誤嚥とは、唾液や食物、胃液などが食道ではなく、気管に入ってしまうことをいいます。その食物や唾液に含まれた細菌が気管から肺に入り込むことで起こるのが誤嚥性肺炎です。

起きている時に気管に物が入ればむせて気が付きますが、眠っている間に唾液を少しずつ誤嚥することがあり、これは気が付きにくいものです。特に高齢者の方はなおさら気が付きにくい為、誤嚥性肺炎は高齢者に多く発症します。


誤嚥性肺炎の予防には次のことに心がけましょう!


1.口腔の清潔を保つ

2.嚥下反射を改善する

・舌を鍛える

・口腔内を潤す


舌回し、こまめな水分補給、噛む回数を増やすことは今日から始めることができるので誤嚥性肺炎の予防の為にもお試し下さい!