舌の正常の位置

みなさん、今、舌の先端の位置どこにありますか? 実は舌には正しい位置があるんです。 舌先は上顎の前歯の歯茎と部分に触れて、尚且つ舌全体が上顎にひっついた状態が正しい位置です。 ・舌の位置が正常の位置じゃないと異常が引き起こす問題 舌の力はすごく強いんです。 正しい位置に収まってないと色々問題を引き起こします。 例えば、いつも舌先が下の前歯の内側に触れていると、下の前歯が前に傾斜してきます。 いつも舌先が上下の前歯の間にある人は、前歯で物を噛み切ることがむずかしくなります。 奥歯は噛んでいるのに前歯で噛めないという状態 = 開咬(かいこう)を引き起こします。 特に、無意識のうちに口がポカンと開いている人は要注意です。 そういう人はほぼ全員、舌の位置が正常ではありません。 低位舌(ていいぜつ)といって、舌が本来あるべき位置より下がっている状態になっています。 低位舌は舌の筋肉が衰えているために起こるので、しっかりと訓練してやれば正しい位置に戻すことができます。 トレーニングを行えば舌ポジションが改善され、口呼吸が治り口の周りの筋肉に締まりが出るなど、健康や美容面でも効果があります。 口ポカンの心あたりのある方はトレーニングを是非やってみてください。