歯茎が下がる原因

歯茎が下がる1番の原因は、歯周病の進行による「顎の骨の破壊」です。歯は土台となる顎の骨に埋まるように生えています。

そして歯をぐるりと囲む顎の骨にかぶさるように歯茎が付着しています。 歯周病が進行すると少しずつあごの骨が破壊されて、溶けて沈んでいきます。 いわば地盤沈下の状態で、これに伴いあごの骨に付着している歯茎も一緒に下がっていきます。 また歯周病で起こる歯茎の炎症も、歯茎が下がる一因です。炎症が続き歯茎の組織が壊されるとその付着力が低下し顎の骨や歯からはがれやすくなります。

歯周病が悪化して痛みや出血があり歯医者にかけこむときは大抵歯茎が腫れていて歯に被さるように盛り上がっている状態です。 その様子は健康な歯茎のように見えます。 ですがこれは極めて病的な状態です。

歯周病治療で歯茎が下がることは避けられません。 治療の後遺症のようなものです。 だからこそ、これ以上歯周病が進行しないように定期検診で歯茎の状態を見ていく必要があります。 当院でも定期検診お待ちしています。