歯周病と糖尿病

糖尿病患者がインフルエンザや肺炎、膀胱炎などを併発し発熱すると、血糖値は急激に上昇します。炎症細胞から分泌される炎症性サイトカインが、インスリン抵抗性を増大させ、血糖値を上昇させます。

最近の研究によると2型糖尿病そのものも脂質を過剰にため込み大型化した脂肪細胞が慢性的な脂肪組織の炎症を引き起こしていることが、原因の1つであると考えられています。

一方、歯周病は歯周組織において嫌気性細菌を主体とした感染がおこり、免疫細胞から炎症性サイトカインが分泌されます。歯や歯肉は豊富な血管網で裏打ちされているため、歯種病によりひとたび出血が起これば菌体成分や菌体外毒素、炎症性サイトカインなどが、血流にのって全身に播種してしまうということです。

このように、歯周組織と脂肪組織で起こっている、慢性微小炎症は、炎症性サイトカインを通じてインスリン抵抗性を起こし、結果として血糖値を上昇させるという同じ病態を基盤としているのです。