top of page

歯並びが悪くなるのはどうして?

思いっきり笑いたいのに、歯並びが気になってうまく笑えない、、、

そんな人もいるのではないでしょうか。

今日は歯並びが悪くなってしまう原因をいくつかご紹介します。


①口呼吸をしている

口呼吸をしていると、長時間口が開いたままの状態になってしまいます。

そうすると唇や舌の筋肉が低下し、前歯が出てきて出っ歯になってしまいます。


②舌癖や食いしばりなどの癖

舌を噛んだり、舌で歯を押したりといった舌癖や、歯ぎしり・食いしばり・爪を噛む癖があると、

歯並びが悪くなります。


③姿勢が悪い

悪い姿勢のままでいると歯並びやかみ合わせ、骨格などが歪みやすくなります。


④よく噛んで食べない

よく噛まずにいると口や舌、顎の筋肉が衰えてしまうため正しい歯並びが維持できなくなってしまいます。


皆さんはこの中で無意識にやっていることはないでしょうか。

日頃から注意してみてくださいね!!


歯並びでお困りのことがあれば大宮区役所前歯科へご相談ください!!!


Yorumlar


bottom of page