歯の黄ばみ

歯が黄ばむ原因は、外側からの「着色」と内側からの「変色」に別けられます。


歯の表面をコーティングするエナメル質は透明で、ほとんど色がありません。エナメル質から透けて見える、歯の内側にある象牙質の色が本来の歯の色です。


「歯の色が変わった」「黄ばみが出てきた」という時は、外側のエナメル質に色がつく「着色」か、内側から象牙質の色が変化する「変色」のどちらかが起こっていると考えられます。それぞれの原因と予防を紹介するので、黄ばみが気になる人はぜひ参考にしてださい。


歯の外側からの着色


〈原因〉


外側のエナメル質に汚れが付くことで、歯が黄ばみます。この汚れがいわゆる「ステイン」と呼ばれているものです。ステインによる着色は、おもに以下の食品・嗜好品が原因です。

  • 紅茶やウーロン茶などのお茶類

  • コーヒーやワインなどの色の濃い飲み物

  • カレー、チョコレートなどの色の濃い食べ物、香辛料の強い食べ物

  • ケチャップ、ソースなどの色の濃い調味料

  • 煙草(ヤニが黄ばみの原因になります)

※これ以外にも、虫歯が原因で歯が黄ばんで見えることがあるので、歯に異常を感じたら歯科医院で診察を受けましょう。


〈予防方法〉


着色による黄ばみを防ぐには、しっかりと歯を磨くことが大切です。上記のものを口にした後は、すぐに歯を磨くようにすると良いでしょう。美白歯磨き粉を使用するのも効果的です。


エアーフローといった着色を落とす機械もあるので気になる方はお声かけ下さい。


また、ホワイトニング治療直後は、歯に着色しやすい状態になるので、上記のものを避けましょう。


歯の内側からの変色


〈原因〉


内側の象牙質の色が変わることで、歯が黄ばみます。変色のおもな原因は、大きく別けると以下のものです。


・加齢による変色


年齢を重ねると象牙質が厚くなり、表面のエナメル質が薄くなるので、より黄色く見えてしまいます。


・テトラサイクリン系の抗生物質による変色


幼少期に服用したことで、永久歯に影響が出て変色してしまったり、母親が妊娠中に服用することで子供の歯に影響が出ることがあります。


〈予防方法〉


変色は歯の内側で起こることなので、歯磨きだけで改善・予防することはできません。


ホワイトニングの治療なら、象牙質に薬剤を浸透させることで、歯を白くすることができます。象牙質の黄ばみで悩んでいる人は、ホワイトニング治療を相談してみてはいかがでしょうか。