歯の病気と遺伝って関係あるのか

歯の病気も遺伝によっ左右される一面を持っているの知っていましたか?特に虫歯、歯周病、歯並びは遺伝の影響が少なくありません。虫歯は口の中の細菌によって作られるのですが、その細菌が葉の表面にくっつくために必要な唾液中のペリクルと呼ばれる糖タンパクの性状は、遺伝的に違いがあることが知られています。 唾液の中には免疫物質が含まれていますが、これも遺伝的影響を受けます。 歯の大きさや形は遺伝的に決まるものですが、あごの形や大きさは生まれてからあとのあごの使い方、力のかかり方によって変わります。 いずれにしても親の歯が悪いからといって子供の歯が必ず悪くなることはありません。 虫歯や歯周病、歯並びに至っても症状が軽いうちに診させていただくと今は重症化することは少ないです。