歯の根っこのムシバ

「歯の根っこ部分がムシバになっています」 こう言われたことはありませんか? 今までむし歯には無縁だったのに根っこ部分にむし歯ができたの? と思われた方もいらっしゃるかもしれません。 歯の根っこである歯根部分のむし歯は「根面カリエス」と言われ、中高年以降の方によくみられます。 歯根部は基本的には歯ぐきに覆われていますが、加齢や歯周病・歯ぎしりやブラシの圧などで歯ぐきが下がってくると、歯根部がでてきます。 歯根部ではムシバに対する耐久度が違い、組織が柔らかいためムシバのリスクが3倍になるとも言われてます。 早期に発見できれば、プラスチックの詰め物で治療ができます。 しかし、かぶせもをしているところ、あるいはムシバがあまりにも進行している場合は、かぶせものを作り直したり、神経の処置、または抜歯が必要な場合もあります。 根面カリエスをを防ぐためには、ムシバ・歯周病予防の基本となるプラーク(細菌の塊)をしっかり除去することが重要で、磨き方も大切です。 間違った方法や強い力でブラッシングをすると、歯ぐきに負担がかかり、歯ぐきが下がってきます。 歯磨きは力を抜いてやさしく磨きましょう。歯と歯ぐきの境目・歯と歯の間をしっかりと意識して磨くと良いです。 ほかの対処法としてはフッ素を定期的に塗ることも効果的です。 お口の状態にあわせたケア、ブラッシング指導をしていますので定期的に健診を受けることを習慣づけていってください。