子どもの口臭の原因

〈歯磨きの問題〉

歯磨きが上手く出来ていない、もしくは歯磨きの時間や回数が少ないといったことも理由となります。

プラーク(磨き残し)が溜まると臭いの元になりますし、むし歯や歯周病を引き起こしてしまうので、歯磨きを習慣化させることが大切です。また、子どもはなかなかうまく汚れを自分でとりきれないことがありますので仕上げ磨きをしてみて下さい。舌が汚れている場合もありますので舌磨きも有効です。


〈口呼吸〉

通常は「鼻呼吸」をしますが、歯並びが悪かったり口で呼吸する癖がついてしまっていたりすると日常的に口呼吸をしていることがあります。

これが、口臭の大きな理由だと考えられています。

口呼吸で口内が乾燥するため、唾液による口内の自浄、殺菌作用が働かず、菌が増殖して臭いが発生するのです。また、自浄、殺菌作用が働き難いということは虫歯のリスクが高まっているということなので注意が必要です。

また、鼻づまりなど鼻に問題があるとどうしても口呼吸になってしまうため、鼻が原因で口臭が発生することもあります。