妊娠中のお口について

妊娠中は女性ホルモンの増加や、つわりで歯磨きをきちんとできないことが多くなり、歯周病や虫歯になりやすくなります。 妊婦さんが歯周病にかかっていると、早産や低体重児出産の危険性が役や7倍に高まるという報告があります。これは、歯周病菌や炎症物質が血中に入り、子宮・胎盤・胎児などに影響することが原因と考えられています。妊娠中は普段以上にこまめなケアで、歯周病を予防することが大切になります! つわりなどで体調が悪い時は、歯ブラシをヘッドの小さいものを選んだり、歯磨き粉を香料・味が強いものを避けたり、歯磨きをする姿勢を唾液がのどに流れると気持ち悪くなりやすいので、洗面所の前で下を向き、奥歯から磨くように変えたりなど、工夫して歯磨きしてみましょう。 また「ながら磨き」も、体調が悪い時の対処法の一つです。「テレビを見ながら」「外の景色を眺めながら」歯磨きをすることで、気分がまぎれて吐き気がおさまることがあるので試してみてください。 つわりの時期が過ぎ、体調が安定してくる時期に、歯科検診を受けて必要な治療は済ませておきましょう!