噛み合わせが大切なのはどうして?

失った歯を放置しておくとお口の中のバランスは少しずつ乱れ、噛み合わせが悪くなっていきます。そのため歯を失った場合はその歯を別のもので補って噛み合わせを正常にする治療が必要です。今回はなぜ噛み合わせが重要なのか、噛み合わせが悪いことでどのような問題がおきるのかをご説明します。

失った歯が前歯など人の目につく場所であれば多くの方は見た目を気にして歯を補おうとします。しかし奥歯など人の目につかないような場所ですと歯がないことをあまり気にしない方もいらっしゃるようです。確かに一本程度であれば、初めは違和感がありつつも他の歯がしっかりと噛めていれば支障はでないかもしれません。しかし歯はたった一本失うだけでもバランスを崩し、もともと歯があった空隙に向かって少しずつ動きはじめます。その結果残っている歯の位置が微妙にずれ、歯並びや噛み合わせが悪くなってしまいます。

噛み合わせが悪いことによって顎の位置がずれたり、筋肉に余計な力が加わるので顎関節症を引き起こしたり、また無意識に食べやすいものを選んでしまい栄養バランスも悪くなってしまいます。しっかり噛めないまま飲み込んでしまうと消化器官にも大きな負担がかかってしまいます。

歯が無くなってしまい長い間そのままにしている方、最近食事が取りづらいと感じている方、この噛み合わせは大丈夫なのかと不安に思っている方、気になることがありましたらいつでもお声がけください。