top of page

〈口腔機能発達不全症による歯並びへの影響〉

お子様でこのような症状が気になることがありますか?

・お口をぽかんと開けている

・滑舌が悪い

・食事の時間が早すぎる、または遅い

・食事中の食べこぼし ・いびきをかく


当てはまるお子様は「口腔機能発達不全症」に注意が必要です。

口腔機能とは、「食べる機能」「話す機能」「呼吸する機能」のことをいい、

これらの機能が十分に発達していない状態のことを「口腔機能発達不全症」といいます。


口腔機能発達不全症を放っておくと、お口の周りの筋肉が不十分のため顎の成長を妨げ、歯並びが悪くなります。

その他にもむし歯や顔の変形、姿勢が悪くなり呼吸がしづらくなるなど様々なリスクを引き起こします。


気になる点があった場合、大宮区役所前歯科までお気軽にご相談ください。

早い時期からトレーニングに取り組み、口腔機能の改善を目指しましょう。

bottom of page