口腔内と金属アレルギー

金属アレルギーとは、金属から溶け出した金属イオンが身体のタンパク質と結合したものに対して、免疫反応が過剰に起こる体質のことです。

歯科治療では金属を使用しての処置があるため、金属イオンが流れてでて、体に影響を及ぼすことがあります。


金属アレルギーが起こると、口の中の粘膜に発疹が出たり、身体に湿疹やかゆみなどの症状が現れたりすることがあります。

また、金属アレルギーは、ある日突然発症することがあります。歯科治療を受けた当初は問題なかったのに、数年が経過してから突然身体に湿疹が現れたり口の中に発疹が出たりするのです。

また、金属アレルギーの有無に関係なく、金属の詰め物・被せ物から金属イオンが溶け出し、歯茎の黒ずみの原因になることもあります。


金属アレルギーの方は、金属を使用しない詰め物・被せ物を選びましょう。セラミック治療では、金属を使用しないため金属アレルギーの方にも適用できます。長く、歯と歯茎の健康を守りたい方にも、セラミック治療はおすすめです。金属アレルギーだからといって歯科治療を受けるのを諦めるずご相談ください。