入れ歯の手入れの仕方

入れ歯は人工の歯ですが、天然の歯と同じく手入れが必要です。手入れを怠ると、思わぬトラブルに繋がる可能性があります。また、手入れをするにしても、正しい方法で行うことが大切です。


1、入れ歯を手入れする必要性

入れ歯は作り物だからといって手入れをしないでいると、様々な問題が起こります。場合によっては、歯を失うことに繋がるため注意が必要です。入れ歯の手入れを怠ると、次のような問題が起こります。

  • 口臭が発生しやすくなる

  • 歯周病や虫歯のリスクが上がる

  • 入れ歯に歯石がつく

  • 入れ歯が着色する

  • 口腔粘膜の疾患になりやすい

入れ歯は歯を失ったときに使用しますが、入れ歯の手入れを怠ると、さらに歯を失う可能性があります。


2.入れ歯の手入れの方法


毎食後

洗面器などに水を張り、水をかけながら洗いましょう。義歯用または歯ブラシで丁寧に磨いていきます。歯と歯の間や内側のくぼみ、部分入れ歯のクラスプなどまでしっかり洗うことが大切です。ゴシゴシと磨くと入れ歯を傷つけたり内側の部分に隙間ができたりするため、適度な力加減で磨きましょう。


就寝前

水をかけながら義歯用ブラシで磨いていきましょう。そして、義歯洗浄剤とぬるま湯を入れた容器に入れ歯を浸します。洗浄剤に浸すことで、ブラシでは十分に落とせない汚れや雑菌まで取り除けます。入れ歯は乾燥すると割れやすくなってしまいますので、必ず水などにつけておくようにしましょう。


使用前は、義歯用歯ブラシで入れ歯を磨き、水で流しましょう。


入れ歯は天然の歯と同じく手入れが必要です。口臭や入れ歯の着色などだけではなく、天然の歯が虫歯になったり、歯周病になったりする恐れがあります。そのため、丁寧に手入れすることが大切です。