仮歯の役割

みなさん治療の途中で仮歯を入れることがあると思います。 その意味を理解できていますか? 実は見た目の確保だけが目的ではないのです。 今回は仮歯の役割を大きく3つに分けて紹介します。

1削った歯を細菌や刺激から守る 削って治療した歯は手術後の傷口のようなものです。仮歯は包帯のように刺激から歯を守ります。 2歯形をとった後にはが動かないように固定する。 歯は常に動きます。歯形をとった後に歯が動くと被せものが入らなくなってしまったり、適合が悪くなる可能性があります。 仮歯は歯ぐきの形を調整することも多少は出来るので被せ物が綺麗に入ります。 3噛める状態を維持する 仮歯をいれずにいると噛む力を感じる歯根膜というところの機能が正常に働きにくくなりちょうどいい高さに合わせていても高いと感じたり、当たりすぎると感じることがあります。 今あげたように仮歯にはたくさんの役割があります。 仮歯は大切なんです。 ただ外すことを前提につけるものなので粘着質なものやフロスや爪楊枝を使うととれてしまうことがあるので気を付けましょう。