乳歯が生えてきたら使い始めましょう!

「まだうがいができないお子さんには、歯みがき剤を使うべき?それとも使用NG?」。 その答えは、「乳歯が生えたら、フッ素(フッ化物)の入った歯みがき剤を積極的に使いましょう!」です。 使用量を守っていれば、うがいができなくても大丈夫。 うがいをせずにお口のなかにフッ素が残れば、むし歯予防により効果があります。 かつての歯みがき剤は、フッ素の入っていない製品も多く、歯みがきのたんなる「補助剤」と考えられていました。 それに対して現在では、フッ素配合歯みがき剤の国内シェアは約90%歯みがき剤は、むし歯予防効果の高い「予防剤」として、積極的な使用が推奨されています。 また、ペーストのほかにも、ジェルやフォームなどいろんなタイプの製品があり使いやすくなっています。  歯みがき剤の使用開始年齢は、かつえは、「うがいが可能な年齢」とされ、うがいも、「歯みがき剤が口のなかからなくなるまで何回もしましょう」と、丁寧にするのがよいとされていました。  フッ素をなるべく長く口のなかにとどめるために、うがいはむしろ少なく、「10ml程度の水で1回」が推奨されています。  なお、「フッ素配合の歯みがき剤」とひと口に言っても、子ども用と大人用では配合されている濃度が異なります。5歳以下の小さなお子さんには500ppmのものがおすすめです。 市販品の場合、濃度表示のない製品もあるので、製品選びに迷ったら、歯科医院で選んでもらいましょう。