ムシバじゃなくても歯が溶ける?

糖分を摂取することで、お口の中の細菌が糖分を餌にし、酸を産生して、歯を溶かしていくのを『ムシバ』といいます。

そのムシバでなくても歯が溶けていってしまうのをご存知ですか??


ムシバ菌の作り出す酸ではなく、食品の酸により、歯が溶けてしまうこともあります。

それを『酸蝕症(さんしょくしょう)』といいます。


酸性の食品というとレモンやお酢を思い浮かべる方が多いと思います。事実、柑橘類や黒酢を日常的に摂取されている方に酸蝕症は見られますが、もっと日常的に口にする食品でも酸蝕症は起きています。


近年、酸蝕症のハイリスクといえるのは炭酸飲料・スポーツ飲料です。無糖の炭酸飲料水であれば大丈夫と安心していると気がついたら歯が溶けていたということもあります。

また、ワインや日本酒も歯を溶かすくらいの酸性ですし、ポン酢・サラダドレッシングも歯を溶かすくらいの酸性です。


逆に、歯を溶かさない食品はお水・お茶・牛乳などです。


酸性の食品を摂取したあとは歯を溶かさないお水やお茶を飲んで、お口の中酸性の状態を中性に戻せるようにすること、歯磨きをすることで予防することができます。