top of page

マウスピース矯正が得意な症例

インビザラインの適応症例はすごく拡大されてきています。

以前は軽度ながたつきしか治せない、抜歯が必要な症例は難しい、ワイヤーに比べると終わるのが遅い など様々なことが言われていましたが、今現在はそのほとんどが改善されています。

もちろんワイヤー矯正でないと難しい症例もありますが、逆にマウスピース矯正が得意な症例もあります。 例えば 過蓋咬合という噛み合わせた時にほとんど下の歯が見えない深く噛み込んでしまっている噛み合わせ(本来噛み合わせた時下の歯が半分から2/3程度見えているのが普通です)や数本だけ反対に噛んでしまっている症例に関してはマウスピースの厚みが矯正治療の成功をサポートしてくれるためマウスピース矯正が得意としてる分野です。

当院ではワイヤー矯正・マウスピース矯正どちらも対応しており、カウンセリングの際に患者様の口内環境にはどちらが適切なのかご説明いたします。大宮で矯正を検討している方はぜひ当院までお気軽にご相談ください

bottom of page