フッ素について

日本では現在

・歯科医院でフッ素を塗ってもらう

・家庭でフッ素入り歯磨き粉やフッ素洗口液を使用する

と言った方法でフッ素が応用されています。


フッ素の弊害としてよく話題になるのが過剰摂取の危険性ですが、全身へのフッ素応用が行われていない日本では、フッ素を歯磨き粉や洗口液で同時に利用しても、過剰に取り込む危険性はないといわれています。


年齢によって適したフッ素の利用開始時期は異なります。フッ素入り歯磨き粉は乳歯が生え出したら。フッ素塗布は上の前歯の乳歯が出てから(1歳半頃)。フッ素洗口は4歳以上で開始するのが理想といわれています。


ただし、フッ素濃度は年齢によって使い分ける必要があります。3〜5歳は1000ppm、6歳以上は1500ppmの濃度のものを使用するといいでしょう。