フッ化物の安全性

さまざまな化学物質や医薬品、食品に至るまで、使用には安全性が最優先されなければなりません。食の世界にゼロリスクが存在しないのと同様に、この世に100%安全な物質は存在しません。私たちは体験、あるいは化学的な研究成果によって得られた量や使い方を考慮し、それを実践することにより、安全な日常生活を送っています。

う蝕予防に使われるフッ化物の安全性の基本的な考え方は以下の6点です。

  1. フッ素(フッ化物)は自然環境物質である。

  2. 天然の仕組みから飲料水適正濃度が発見され、う蝕予防への適応が実施されている。

  3. フッ素は人の健康に有益な元素である。

  4. 世界規模の長期にわたる使用実績がある。

  5. フッ化物に関する心配や危険説は、その都度科学的に解明されている。

  6. WHOなど150を超える医学健康専門機関がフッ化物応用を推奨している。