エナメル質形成不全症とは?

歯の表面に、白色や茶色をした部分を見かけることがあります。これはむし歯ではなく、歯が生えた直後から見られる生まれつきの変色です。

これは「エナメル質形成不全症」といって、歯の表面のエナメル質が生まれつきうまく作られず、変色や欠けがみられる状態です。乳歯にも永久歯にも見られ、その部分は歯の質が弱くなっています。

そこからむし歯になりやすく、むし歯になると大変進行が早いので、注意深く慎重な診査と予防が大切です。

ただもし、「エナメル質形成不全症」という診断を受けても悲観することはありません。適切に予防していけば大丈夫です。

毎日の適切なブラッシング(ホームケア)と、歯科医院での定期的な高濃度フッ素塗布(プロフェッショナルケア)で十分に予防可能です。


歯科医院での定期的な検診とメインテナンスがとても大切になってきます。