むし歯菌が感染する!?

皆さんお子さんのお口の中にむし歯がないか心配される方も多いと思います。むし歯というのは歯があってむし歯菌がいて、そこに糖分が加わり磨き残しが長時間お口の中にあるとむし歯になってしまいます。私たちのお口の中には様々な常在菌がいます。しかし生まれたての赤ちゃんのお口の中は無菌状態です。ではむし歯菌はどこからやってくるのでしょうか。 実はむし歯菌は周りの大人の方(特に母親などの保育者)から感染し定着していきます。大体6ヶ月〜9ヶ月ごろに歯が生え始め、3歳ごろに乳歯が生えそろいます。その間の約1歳半〜2歳半が1番感染しやすい時期になります。この時期を乗り越えて感染を遅らせれば遅らせるほど大人になってもむし歯になりにくいというデータがあります。 大人の方のむし歯菌が多ければ多いほど、たくさんのむし歯菌が赤ちゃんに感染してしまいます。なので周囲の大人の口腔内の環境がとても重要になります。赤ちゃんへの感染を極力小さくするためにもご自身のお口の中の環境も一緒に整えておきませんか?ぜひ来院お待ちしております!!