ひみこのはがいーぜ

皆さんこんにちは。 本日はよく噛むことの8つの効果についてお話していきます。 今回の題名「ひみこのはがいーぜ」は8つの効果の頭文字になっています。それでは詳しく紹介していきます。 ひ「肥満防止」満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防止する み「味覚の発達」食べ物本来の味が分かる こ「言葉の発音が良くなる」歯並びが良くなり、きれいな発音になる の「脳の働きが活発に」脳の血流量が多くなる は「歯や口の病気を防ぐ」唾液量が増え、殺菌作用が働く が「がん予防」唾液量が増え、発がん物質の毒素を消す いー「胃腸の調子が良くなる」消化酵素が沢山出て、消化吸収を助ける ぜ「全身の体力向上」栄養が十分に吸収され、力がみなぎる このように噛むことは8つの効果があり、健康でいきいきと生活するために必要です。 ちなみに、卑弥呼が生きていたとされる弥生時代の人は現代の私たちより6倍も噛む回数が多いそうです。 まずは一口30回噛んで全身を健康にしていきましょう。