お子様の自分磨き

小さい頃からの歯磨き習慣は自分磨きと仕上げ磨き両方が大切です。 今回は自分磨きに絞ってお話しします。

スタートは1歳からです。この頃は自分で歯ブラシを握って口に入れてみましょう。もちろん磨くことよりも、歯ブラシに慣れることがメインです。


ここで注意していただきたいのが、お子様が歯磨きをする際は保護者の方が見守ると言うことです。歯ブラシを持ったまま動き回ると転倒し、口の中を傷つけてしまいます。安全に歯磨き習慣を身につけるためにも細心の注意をお願いします。


次に3歳頃になると乳歯が奥歯まで生えそろってきます。その時期には自分でしっかり磨く練習のスタートです。まずは奥歯の噛む面が磨けるように歯ブラシを動かしてみましょう。それができたら、歯の外側、歯の内側とレベルアップすると良いです。

次に6歳になると乳歯の奥歯の更に奥に永久歯が生えます。乳歯と永久歯が入り混じりでこぼこになっているので歯ブラシの毛先の当て方を工夫しましょう。 1つ目は歯ブラシを斜めに入れることです。永久歯が生えてくる途中は乳歯よりも背が低いので斜めにブラシを入れて磨きましょう。 2つ目は歯ブラシを縦に当てることです。でこぼこしているところに、ブラシを縦に当てて小刻みに動かしましょう。

このように年齢に合わせて、自分磨きに取り組むことで歯を磨くという習慣が身につきます。無理せずに仕上げ磨きと併用して挑戦してください。