top of page

〈おしゃぶりは歯並びに影響する?〉

おしゃぶりには赤ちゃんが安心して気持ちが落ち着くというようなメリットがありますが、卒業する目安の時期があります。


乳臼歯(奥歯)が生えそろう2歳半~3歳ごろになっても使用を続けていると、使用していない子供に比べ長時間使用している子供の方が噛み合わせが悪くなる確率が高くなると言われています。


歯が生えそろってからもおしゃぶりをくわえていたり噛んだりしている時間が長いと、段々と上下の前歯の隙間が開いてくる「開咬」という噛み合わせになり、永久歯の歯並びにも影響がでてきます。


赤ちゃんが言葉を覚え、発し始める1歳過ぎには少しおしゃぶりを外すタイミングを増やし、奥歯が生え始める2歳過ぎごろには卒業できると、歯並びへの影響も少なくすることができます。


おしゃぶりを長く使用していて歯並びに不安や、すでに開咬になっていて気になるという方は、お気軽に大宮区役所前歯科までご相談ください。


Comentários


bottom of page