スタッフブログ

2016/03/17
卒業シーズン

こんにちは!さいたま市大宮区成田歯科医院 歯科衛生士の伊計です。

 

3月に入り、すっかり卒業のシーズンですね。

大宮で袴を着ている人たちや丸筒を持っている高校生を見かけることが多くなってきて、見るたびに懐かしい気持ちがよみがえります(笑)

 

新年度が始まる4月を迎える前に、検診を受けてみるのはいかがですか?

痛みもないし虫歯がないはず!と思っていても実は歯石がついていたり、歯周病の可能性も!

歯周病は特に軽度だと自覚症状のない方も多くいらっしゃいます。

歯周病は簡単に説明すると、最終的に「歯が抜けてしまう」病気です。

皆さんは歯磨きをしているときに出血したりすることはありませんか?その場合は、歯ぐきに炎症が起きていて歯周病の始まりかもしれません。

 

歯周病の原因として分かりやすいのは磨き残しですが、磨き残しというのは「食べカス」だけではありません。

人のお口の中には約1000種類の細菌が存在していて、時間が経つにつれ歯の表面などにくっついてきます。これを普通は歯磨きでお掃除するのですが、この時にうまく掃除しきれていないとプラーク(最近の塊)となって溜まっていき、硬くなって歯石になったり、歯周病や口臭の原因になってきたりします。

 

私がこれまで見てきた患者様のお口の中で特に磨き残しが多いと感じたのは、

?下の前歯の内側(歯と歯の間)

?下の奥歯の内側(歯と歯茎の境目)

?上の奥歯の頬側 です。

 

皆さんのお口の中も、気付いたらプラークや歯石がベッタリついている可能性が...!?

気になる方はぜひ検診でお口の中をチェックしてみてください!(´▽`)

月別アーカイブ

無料メール相談

無料メール相談

このページの上へ