スタッフブログ

2016/03/14
新兵器

こんにちは!さいたま市大宮区成田歯科医院歯科衛生士の穂盛です。

3月も半ばにさしかかってきましたが、まだまだ寒い日が続いていますね。

寒いと花粉も飛んでないような気がしますが、一度飛び始めたら重度の花粉症の方には全く関係なさそうですね(*_*)

私は幸いそこまで重度の花粉症ではないので今の所は少し鼻がつまるくらいです。

花粉症はいきなりひどくなることもあるらしいので、今から少し不安です笑

?

さて、林先生のスタッフブログの記事でも紹介がありましたが、当院では位相差顕微鏡が導入されました。

位相差顕微鏡ではほんの少しだけ採取させていただいたプラークと唾液で、お口の中の細菌や真菌(カビ)の様子を観察します。

位相差顕微鏡で観察することのできるものはあくまで影絵のようなものなので、細菌の名前までは判断できませんが、形や動きでその菌のだいたいの種類を判断することが可能です。

生きている細菌をそのまま観察していくので、患者様にお見せする画像は動画になっています。

ちなみに細菌の動きが速ければ速いほどそれだけ細菌の活動性が高いということになるので、むし歯や歯周病のリスクが高いということになります。

では、むし歯も歯周病もない人は口の中に菌がいないの?というと、そういうわけでもありません。

歯科医師にも歯科衛生士にも、もちろん菌はいます。

私も自分の口の中の菌を初めて見たときはとてもドキドキしました!笑

お口の中に菌がいないのは生まれたての赤ちゃんくらいです。

菌は同じ箸の使い回しや口移しなどで感染します。

やはり家族間での感染が1番考えられますね。

むし歯・歯周病予防は家族全員でケアしていくことが大切です!

お口の中の菌をゼロにすることは不可能ですが、減らすことはもちろん可能です。

そのためにはまずはご自身での毎日の正しい歯磨き。

そしてプロフェッショナルケア(定期健診)が大切です。

正しい歯磨きの仕方は私たち歯科衛生士が責任持ってご指導させていただきますのでご安心を!!

もちろんプロフェッショナルケアもです!

今までの定期検診に加えてPMTCでオーダーメイドなクリーニングをしていくのもさらに効果的ですよ!

実際に菌を見てどうしようと不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、逆にそれをモチベーションに変えて今まで以上にお口の健康を考えていただけると嬉しいなぁと思います。

位相差顕微鏡での検査は無料です。

定期検診ごとに経過を見ていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

月別アーカイブ

無料メール相談

無料メール相談

このページの上へ