歯のマメ知識

2022/05/02
初期むし歯と穴が空いてるむし歯の違い

むし歯といってもすべての歯が治療しないといけないわけではありません。

初期むし歯になった歯は歯の表面の結晶が崩れてしまい、白くくすんだ模様のような状態になります。

この時点ではまだ削って治療をする必要はありません。

ただ、これが進行してしまうと、穴が空いたり黒くなってしまいます。

穴が空いた場合は削って詰め物をしないといけなくなり、

黒くなった場合もその歯のしみや状態によりますが治療が必要になってきます。

そのため初期むし歯だからと言ってすぐに削らず、フッ素を含んだ歯磨き粉の使用、定期的な高濃度のフッ素を歯科医院で塗布することで歯の表層が強くなり、そのまま治療せずに済むかもしれません。

もちろん初期のむし歯にもなるまえにむし歯予防をすることは大切ですが、もうすでにむし歯の初期になってしまった歯は歯の表面が粗造になり、さらにむし歯の進行しやすい状態になっています。

治療が必要になる前の予防が大切です。

当院ではセルフケアではできない高濃度のフッ素塗布を行わせて頂いております。

ぜひしっかりと予防を行いたい方、スタッフまでお声がけください。

月別アーカイブ

無料メール相談

無料メール相談

このページの上へ