歯のマメ知識

2021/11/22
知覚過敏の原因と対応

私たちが一般的にいう近く過敏症とは、象牙質知覚過敏症というものです。う蝕や歯髄炎などがないのに、冷たいものや熱いもの、風が当たったり、ブラッシング時にしみたりして、一過性の痛みを感じます。

原因としては、強いブラッシングや歯周病などで歯肉が退縮して象牙質が露出したり、歯ぎしりなどで歯にひびが入ったりすることなどが挙げられます。

象牙質には無数の象牙細管があり、これを通して外からの刺激が神経に伝わって痛みを感じます。痛みは一過性であり、刺激が無くなれば消失します。

歯科ではおもに知覚過敏用の歯磨剤を使用してもらったり、知覚過敏用の薬剤やコーティング剤を塗布したりして様子をみます。その他にも、酸蝕症が原因の場合には、食事内容や食べ方の指導を行います。

月別アーカイブ

無料メール相談

無料メール相談

このページの上へ