歯のマメ知識

2021/02/13
入れ歯のお手入れ

「入れ歯」を使用している人が、むし歯や歯周病を予防するためには、入れ歯と「歯が抜けているところ」の両方をお手入れすることが大切です。

まず入れ歯の注意点は

1.プラスチック製の入れ歯は吸水性があるため、汚れや細菌が付着しやすくなります。

2.清掃を怠ると口臭発生の原因になることもあります。

3.装着中は、粘膜と入れ歯との隙間に細菌が繁殖しやすくなります。

4.プラスチックは傷がつきやすく、間違ったお手入れ方法で入れ歯の表面に傷をつけると、さらに細菌が付着しやすくなります。

入れ歯のお手入れが十分でないと、お口の健康状態が悪化することも。例えば、口内炎や口臭、歯石沈着、部分入れ歯の場合は維持装置がかかっているご自身の歯がむし歯や歯周病になることもあります。未然に防ぎましょう。

次に入れ歯の清掃方法についてお話します。食後は小さな入れ歯でも必ず外し、流水下でブラシを使って清掃しましょう。落として破損したり、排水口に流さないよう、水を張った洗面器の上などで清掃します。ゴシゴシと力を入れすぎないように注意しましょう。汚れが残りやすい維持装置は、変形させないよう注意しながらていねいに清掃しましょう。そして、ブラシで清掃するのに合わせて入れ歯洗浄剤の併用もおすすめです。

次に、自分の入れ歯をきちんと掃除をしている人でも、つい忘れがちなのが「入れ歯を外したあと」の歯と口のケア。毎日使う入れ歯と同様、自分の歯と口のケアも大切です。

総入れ歯を使用していると、いわゆる「歯ごたえ」という食物への感触が低下してしまうため、口の中に食べかすが残りやすくなります。時には驚くほど大きな食べ物の塊が残っていても、本人は気付かないこともあるようです。口の中を清潔にするためにも、入れ歯そのものの清掃はもちろん、お口の中のお手入れも大切です。

?


月別アーカイブ

無料メール相談

無料メール相談

このページの上へ