歯のマメ知識

2020/11/18
歯ぎしりって歯周病と関係あるの?

歯周病直接の原因は細菌ですが、歯ぎしりも歯周病の悪化に関係すると考えられます。強い力が歯に加わり続けることで、歯の根やその周囲の骨組織に負担がかかり歯の動揺が増して、ある特定の部分のみ顎の骨が減ってしまうことがあります。そのため、歯ぎしりも歯周病の症状を悪化させる因子のひとつだといえます。

歯ぎしりを自覚している方、またはご家族など周囲から指摘されている方で歯周病を患っているという場合は、歯周病の治療と共に歯ぎしりへの対応もしていく必要があります。

その方法のひとつとしてナイトガードというマウスピースを利用することがあります。

マウスピースといえば、ボクシングのように外側からの衝撃から歯を守るものですが、ナイトガードはご自分の過剰な噛む力から歯やあごの骨を守るものです。就寝中装着することで、一部の歯に過剰にかかっている圧が全ての歯に分散されます。

歯ぎしりをしている方や噛みしめている自覚がある方はお気軽にお声がけ下さいね!!

月別アーカイブ

無料メール相談

無料メール相談

このページの上へ