歯のマメ知識

2020/11/14
先天性欠如歯について

永久歯は28本全部生えてくると思っていませんか?

実は、日本小児歯科学会が2007年から2008年に1万5000人余りのお子さんを調査したところ、その10.1%が、生まれつき永久歯の本数が少ない、先天性欠如歯だったことがわかりました。つまり先天性欠如歯は、誰に起きても不思議のない疾患なのです。

先天性欠如歯とは、本来ならあごのなかにできるはずの歯の芽(歯胚)ができなかったり、できても育たなかったことによって起こります。

特定の病気や障害、放射線治療の影響などが原因の場合もなかにはありますが、ほとんどのケースでは原因は不明です。

歯がないために噛み合わせや噛む効率が悪くなったり、見た目によくないなど、さまざま問題が起こりがちなので注意が必要です。

永久歯の歯胚のあるなしは、パノラマエックス線写真を撮影すると、早くも3歳ぐらいからわかり、6歳後半になれば確実といってよいレベルの診断ができます。

先天性欠如歯は、早期に発見できるとその後の治療に有利なので、お子さんが小学生に上がる前に、歯科医院でパノラマエックス線写真をとり、永久歯の歯胚について調べてもらいましょう。

月別アーカイブ

無料メール相談

無料メール相談

このページの上へ