歯のマメ知識

2020/11/11
歯は噛めば噛むほど強くなるってほんと?

歯に関する言い伝えの一つに、歯は「噛めば噛むほど強くなる」と言われることがあります。 ところがこれは少し間違いがあり、たとえば歯周病の人が、歯や歯ぐきをを鍛えようとして、ガムを噛み続けても、逆に噛む力で歯の周囲の骨に負担がかかり、歯が揺り動かされ、歯周病の進行を促進してしまいます。 また、虫歯に関しても、使えば使うほど摩耗したり、歯と歯がぶつかるときに歯の表面のエナメル質に小さなな亀裂が入ることも考えられるため、知覚過敏や虫歯になりやすくなる場合があります。 とはいっても、良く噛むことということは、唾液の分泌も促され、表面が再石灰化し、歯を補修しようとする作用も働きます。つまり、よく噛むことは大切ですが、噛めば噛むほど良いわけではありません。具体的には食べる時はしっかり噛んで、次の食事まで少し時間を空ける。一日中ガムを噛み続けるのはよくありません。規則正しい食生活を続けることが大切なのです。 大切なのは「食べる時は良く噛む」ということ。噛むと歯が悪くなると勘違いしないようにしてください。

月別アーカイブ

無料メール相談

無料メール相談

このページの上へ