歯のマメ知識

2020/06/20
舌癖

みなさん舌のくせ(舌癖)をご存知ですか?

□口をポカーンと開けていることが多い

□食事の時口を開けて食べていたり、食べこぼしが多い

□あまりよくかんで食べない

□食べ方が早い、もしくは遅い

□食事中、お茶や水など水分をたくさんとる

□カタい食べ物が苦手

□舌を前に出して食べ物をむかえにいく

□くちびるが厚ぼったくダランとしている

いかがですか?あてはまるのもが 2つ以上なら舌癖の可能性アリかもしれ ません。

私たちは1日600~2000回ほど無意識に飲みこむ 動作(嚥下)をしています。舌癖のある人は飲みこむたび に舌で歯を押していることになります。

舌癖があると・・

□出っ歯や開咬などの不正咬合になりやすい

□歯と歯のあいだにすきまがあきやすい

□サ行、タ行などが舌たらずな発音になりやすい

□口が閉じにくく口呼吸になりやすい

□食事の際に食べ方がじょうずでない

など日常生活に影響がでてきます。

?

まずは舌の正しい位置を探してみてください!

安静時(リラックスしている時)や嚥下時に 舌の先が上の前歯裏側のつけ根の少し 内側あたりにあたっていることが正しい ポジションです。

月別アーカイブ

無料メール相談

無料メール相談

このページの上へ