歯のマメ知識

2020/06/08
親知らず(智歯)

18歳から20歳頃、口の一番奥に生えてくる臼歯のことを智歯(親知らず)と言います。現代人の顎は、年々小さくなる傾向にあり、智歯が生えそろうにはスペースが足りません。このため多くの場合智歯は半分しか生えてこなかったり埋まったままでてこないというケースが多く見られ、それによる様々な弊害が起きてしまいます。

1虫歯になる原因になる・・・智歯が斜めに生えている場合、ブラシが隙間に届きにくく虫歯になる危険性が高くなります。

2感染症の原因になる・・・智歯の生え方が完全でない場合、歯と歯肉の間に食べカスがたまり、そこに細菌が繁殖することで歯肉炎などの感染症を併発する恐れが高まります。

3歯列不正の原因になる・・・横向きに生えてくる智歯は、正常なポジションの歯を前方に移動させる力がかかるため、歯並びが変わり噛み合わせを変化させたりします。

4顎関節症の原因になる・・・生え方の悪い智歯の場合、噛み合わせだけでなく顎関節にまで影響が及ぼすことがあります。この場合、関節円盤が正常に動かなくなり、偏頭痛などを併発することがあります。

智歯は抜いてもいいの?とよく聞きますが、智歯により口の中に何らかの悪影響を及ぼしたり、良くない生え方をしている場合は、抜歯を勧めることがあります。もともと歯が出るスペースがないところに生えてきた歯なので、入れ歯を入れる必要もありませんし、食事に影響がでることもありません。それよりも悪い生え方の智歯を放っておいて、歯肉炎や顎関節症になる方がお口のためには良いのです。

月別アーカイブ

無料メール相談

無料メール相談

このページの上へ