歯のマメ知識

2020/04/17
歯の白い点

気付いたら気になってしまう歯の白い点。

この白い斑点は「ホワイトスポット」といいます。

このホワイトスポットができる原因は主に2つです。

1つは「初期むし歯」。

歯科検診では「CO(シーオー)」と呼ばれるものです。

むし歯と言えば黒い穴を想像する方も多いと思いますが、実はむし歯の始まりは白い点であることがあります。

長期間プラークが停滞し、歯の表面からミネラルが溶けだす「脱灰」という状態です。

この脱灰している部分にさらにプラークが停滞し続けるなど、歯磨きが十分にできていないと

脱灰している白い部分が徐々に穴が開いてきて、みなさんが想像するむし歯と同じ状態になります。

脱灰してるからと言って、必ず穴が開くわけではありません。

しっかりフッ素入りの歯磨剤を使って歯磨きをしたり、歯科医院で高濃度のフッ素を定期的に塗布することで

再石灰化を促進し、むし歯の進行を抑制することができます。

2つめは「エナメル質形成不全」。

主に遺伝や歯が形成される時期に何らかの原因で歯の表面のエナメル質が形成されなかった為に起こる現象です。

エナメル質形成不全の場合は、生まれつきの為、初期むし歯と違って再石灰化による改善は期待できません。

また、ホワイトニングをした場合、ホワイトスポットがより白く際立ってしまう可能性もあります。

どうしても見た目が気になる場合は、歯を削ってつめものをしたりかぶせものをする必要がでてきてます。

人によって最適な治療方法は変わるため、気になる方はぜひご相談ください(^^)/

月別アーカイブ

無料メール相談

無料メール相談

このページの上へ