歯のマメ知識

2020/02/14
今日は何の日?

今日は、バレンタインデーの日ですね?

チョコレート、きっと食べますよね?けど、あまり食べ過ぎてしまうと虫歯になっちゃうかも。。。

実は、大宮区役所前歯科にキシリトールチョコが売っております!

キシリトールってそもそも何なのでしょうか?

キシリトールは、シラカバやカシなどの樹木から抽出した成分が原料になっています。

野菜・果物に含まれており、人間の体内でも生成されています。

『人工物』というイメージが強いかもしれませんが、意外と身近にあるものなのです。

キシリトールがどのように予防していくのかご説明致します。

キシリトールは、主に2つの作用があります!

1つ目は、虫歯菌が酸を作るのを抑制する。 

虫歯菌はキシリトールで酸を作れません。そのため歯を溶かさずにすむのです。また、汚れもつきにくくなります。

2つ目は、唾液分泌と再石灰化の促進。

キシリトールは、砂糖と同じくらい甘みがあり、それが刺激となって唾液が出ます。

唾液が多く出る、ということは『唾液の働き』である『洗浄・殺菌』『再石灰化』も活発になるということです。

キシリトールはあくまでも虫歯予防の役立つ手段の1つです。ですので、歯磨きなど普段のお手入れは、引き続き行ってください!

月別アーカイブ

無料メール相談

無料メール相談

このページの上へ