歯のマメ知識

2019/12/28
タバコとお口

タバコを吸うと体に良くないと言いますが、それはお口の環境にとっても同じです。

 

タバコには5000種類の化学物質のうち、200種類が有害物質が含まれています。

その中でも三大有害物質と、口腔内への影響をご説明させていただきます。

 

 

1、ニコチン:歯茎の血管を収縮し、血流の流れを悪くする

2、タール:歯や歯茎の着色、唾液の分泌量を減少させる

3、一酸化炭素:ヘモグロビンと結合し、血液の酸素運搬が阻害され、組織の酸素欠乏症を引き起こし、血液循環を悪化させる

 

 

これらの作用により、歯周病やむし歯の進行に大きく影響します。

 

いま流行りの加熱式タバコ、例えばアイコスやグローと言われるものもニコチンが入っています。

有害物質の量として、減ってはいますが体への影響が紙巻きタバコに比べて減っている、という表記はありません。

 

体のためにはもちろん、お口の健康を守るためにもタバコはやめましょう。

月別アーカイブ

無料メール相談

無料メール相談

このページの上へ