歯のマメ知識

2019/11/06
『量』より『食べ方』が重要です!

甘い物を控えているはずなのに、むし歯になってしまう。

そんな経験のある方も多いかもしれません。

実はそれ、甘いものの「食べ方」に問題があるかもしれません。

食後の口腔内は、細菌が出す酸や飲食物の酸によって歯の成分が溶けだし(脱灰)、その後時間をかけて唾液が成分を歯に戻していきます(再石灰化)。

この溶かす力が戻す力を上回る状態が長時間続いてしまうと、むし歯になるのです。

この時、甘いものの「量」以上に、食べる「頻度や時間」が問題になってきます。

甘い物が常に口腔内にあると、唾液が歯を修復する時間が取れません。ですから、少量でも飴をずっとなめ続けたり、ジュースをチビチビ飲んでいたりするとむし歯になりやすいということですね。

野菜ジュースなどにも、意外と砂糖は入っている場合があるので要注意です!

気になった方は是非、間食の時間やタイミングも見直してみましょう!

月別アーカイブ

無料メール相談

無料メール相談

このページの上へ